平川地一丁目、10thシングルは社会風刺の問題作

ツイート
兄弟デュオ、平川地一丁目が10thシングル「闇世に生まれて」を10月10日にリリースした。この楽曲は、兄・龍之介が昨今のいじめ問題や増加する自殺者のニュースを見て、“前に向けないすべての人に聴いて欲しい”と願い作った楽曲。平川地一丁目史上、最大の激情ソングと呼べる問題作だ。

11月7日には、通算3枚目となるDVD商品『平川地一丁目百科<第二巻>』を発売する。本作は、この夏数々のジャンルのアーティストと共演した対バンツアー<名乗るのは音を聴かせてからだ!!>の東京公演の模様と、7枚目から最新シングルまでのMusic Videoを収めたヴォリューム満点の一枚になっている。

また、弟・直次郎は今春公開された『檸檬のころ』に続く、2作目の映画出演が決定。彼の役どころはミュージシャンで、本職(!?)同様2人組のストリート・ミュージシャンという設定。相棒はCX『ウォーターボーイズ』でデビューし、舞台・CM等で活躍している伊阪達也。そして恋人役は『のだめカンタービレ』『スイングガールズ』『ジョゼと虎と魚たち』他数々の映画、CM等に出演している上野樹里。主演は、2005年に発表された豊田利晃監督作品『空中庭園』で鮮烈な印象を残し、ブルーリボン賞、日刊スポーツ映画賞など数々の映画賞で主演女優賞を総なめにした小泉今日子がつとめる。

<LIVE SCHEDULE>
10月7日(日)合歓フェスティバル2007 @合歓の郷野外ホール
11月3日(土祝)柏ZAX 6th Anniversary SPECIAL LIVE @柏ZAX
11月10日(土)「闇世に生まれて」レコ発記念ライブ @CHELSEA HALL
11月16日(金)GUITAR PARADISE   @SHIBUYA AX


■オフィシャル・サイト http://www.hirakawachi1.com/
この記事をツイート

この記事の関連情報