9mm Parabellum Bullet、デビュー作がオリコン9位獲得!

ツイート
圧倒的な攻撃力と完成度を誇るライヴ・パフォーマンスで注目を集める新星、9mm Parabellum Bullet。この夏には<ROCK IN JAPAN FES. 2007><SUMMER SONIC 07>など大型野外フェスに出演したほか、先頃行なわれたJのソロ10周年を記念した<J SHIBUYA-AX 5 Days -ALL of URGE-10th Anniversary SPECIAL LIVE>にゲスト出演するなど、各所で話題を振りまいている彼らだが、10月10日にリリースしたメジャー・デビュー作「Discommunication e.p.」が、10月16日発表のオリコン・シングル・チャートで9位にランクインしたことがわかった。

本作は、表題曲の「Discommunication」のほかに、2曲目には約35分に及ぶライヴ・テイクが収録されており、2曲で40分ながら価格は999円という“9mm価格”。シングルでもアルバムでもない前代未聞のデビュー盤となっている。(オリコンのチャート規定により、シングル・チャートにランクイン)

観るものを射抜くような鋭い眼光で歌うヴォーカル、バットのように楽器を振り回しながらステージを動き回るギタリスト、ベースは腰より低い位置にセッティングされたマイクから絶叫するという激しいステージ・パフォーマンスゆえ、メンバー同士が衝突して流血したり、前歯を折ったりする事もあったほど。しかし、激しいステージながら、歌とメロディは非常にキャッチーだし、日本語にこだわった歌詞も実にユニークだ。

11月14日には、初のフル・アルバム『Termination』をリリースするので、いよいよ全貌を現す超新星から目を離すわけにはいくまいっ!

■オフィシャル・サイト http://9mm.moo.jp

▼<J SHIBUYA-AX 5 Days -ALL of URGE-10th Anniversary SPECIAL LIVE>レポート
https://www.barks.jp/news/?id=1000034765

▼終演直後のメッセージ映像
https://www.barks.jp/watch/?id=1000020012
この記事をツイート

この記事の関連情報