BUMP OF CHICKEN 、2枚同時リリース「花の名/メーデー」インタビュー

ツイート

BUMP OF CHICKEN INTERVIEW

──山崎監督がバンプのことをこういう点を認めてくれてるんだろうなって思えるところはどこですかね?

直井由文(以下、直井):自分達を好きでいてくれてるっていうのは、細かいところはホントにわからないですし、もちろん僕も『ALWAYS 三丁目の夕日』を見てすごく感動したうちの一人ですから。漠然とした好き同士っていうのはわかります。でも逆に監督がすごいっていうか、この人好きだって思ったのは、俺らの曲を聴いてくれたあとの感想とかが鋭いっていうか…。一回パッと聴かせただけなのにスッと奥まで入ってくるというか。だからPVを作ってくれた「涙のふるさと」の時もすごかったですね。聴いて理解してそれを映像にして、だから監督が作るものだったら、俺は別に何でもやるかって感じでしたよ。まぁ、結果、あのPVは俺らを除けばすごいいい作品になった(笑)。

──監督と一緒にご飯食べたりしてるときは何を話してるの?

直井:いや、まったく関係ないことを話してる(笑)。なんか…マンガの話とか藤くんと監督が昔読んだ小説っていうのかな?

藤原基央(以下、藤原):…そんな話とか。監督はとにかく映画の人ですから映画のことはものすごく詳しくて。それで映画の話、何がおもしろいよって教わったり。メモったりとか。

──メモったりするの?

藤原:監督が“見てほしい”と言ってる作品とか。あとギャグで“秀ちゃん(=升秀夫・Ds)だったらいけるんじゃないか”みたいな、役者として(笑)。

増川弘明(以下、増川):“時代劇とかどうですか?”みたいな。

直井:“うちのは半端ないですよ”とか言って(笑)。監督もちょっとギャグで“だったらなかなか斬られない斬られ役はどうかな?”みたいな(笑)。

一同:あはは!!

──『ALWAYS 三丁目の夕日』の“あの薬師丸ひろこさんがセーターに縫い込んだお金のシーンがよかったです!”とかそういうことは言わない?

藤原:なんかそんな…ない。例えば、ミュージシャン同士も同じことが言えますよ。仲良くなったりするのって、やっぱりお互いのやってることになんらか感じるものがあったり、簡単に言えば好きだったりするから仲良くなるわけじゃないですか。それこそ同業なわけですから。仲良くなるのも俺らにとっては結構なことなんですけど。そういう時にやっぱね、好き同士な場合が多いでしょ? そうすると褒めあいみたいになったりすることもあるんですけど、そういう風になったときの空気はすごいかゆいですよ。やっぱり。お互い。

増川:お互いそうだから…実際どうだったか覚えてないですけど、…まぁ、好きな気持ちはちゃんと伝えたいっていうのはあるんですけど。僕らも音楽の細かいことを言われたら、“え?やめてよ”みたいになりますね。

直井:言ってる方はいいですけど、言われてる方は…。

増川:もちろん嬉しいは嬉しいんですけど、照れくさいというか。

直井:多分みなさんが思ってる以上に、BUMP OF CHICKENってバンドはタイアップとかしたときにそんな“政治”してないんですよね。普通だったら、会議室みたいなところに集まって、“このプロジェクトはこういうメリットがあり、ここで藤原くんのあれが光り、ここで升くんがいるからこそ成り立つみたいな”(笑)。何にもないんです。俺ら本当に好きか嫌いか。それでほぼ決まりで。話し合いの時も、監督が“君たちのこういう部分が好きだからこういう感じでやってくれ”って言うことももまったくない。

──「花の名」は、最初からスロー・バラードみたいな曲だったんですか?

藤原:そうですね。はなから。最初書いたのはもっとアップテンポで映画サイドから、いやもうちょっとスロー・バージョンで!っていう要請があったかどうかっていう?

──そう、変遷みたいなものがなかったかどうか。

藤原:なかった。……今思い出したんですけど、俺と監督だけで話し合ったときがあって、監督は“普遍的なコンテンポラリーな曲…”って言って。俺は“あ、いつも通りだ”っていうことしか思ってなくて。“あ、じゃぁ書けます”って言って(笑)。それで書きました。曲自体の断片は昔からあって、いつか曲にしようとは思ってたんですけど、AメロBメロっていう風に繋がっていかなかったんですよ。だから、サビだけがあって。繋がった理由は“歌詞”です。まず直筆で書いてみて見るんですよ。あとは携帯なんですけど、打ち込んで文字になったときの字面でやっとその言葉が判断できるというか…。すごく強い言葉だと思ってたのが実際その携帯の電子的な字面になると意外と弱いんだなってわかったりとか、意外と強いんだなってのが逆にわかったりとか。そういうことを遊び感覚でやってたりするんですけど、わりと重要な作業だなって思うんです。まっ先に客観的になれる瞬間ですから。そういう歌詞の断片が携帯のメールの保存ファイルのところにちょっと残ってる。「花の名」の歌詞は、そこから引っぱり出してきた言葉の羅列でもある(笑)。言い換えれば、過去の自分が思ったことで全部できちゃった歌詞です。やりたい放題やった結果「花の名」っていう曲ができたんですけど、結果的に表現の幅を一個もらった気もしました。演奏面に関しては、リズム隊がしっかりしてきているんだと思う。俺は「花の名」のドラムはすげーテイクだなって思ってるし…いろんな意味で、奇跡的なテイクだと思ってる。「メーデー」に関してもそうです。

──夏フェスのうちのひとつのライヴを観させてもらって、リズム隊のしなやかさと2本のギターの美しい絡みは感じましたよ。

藤原:最近、とにかく歌いやすいし、あおったりあおられたりっていう関係が非常に出てきた。ギター弾いてるときも思うし、歌入れのときも思うんですよね。なんか俺があおることは今まであっても、あおられることはあんまりなかったりして、そういうのがちゃんとテイクの中に魂として入ってる感じが、俺はスゲーなと思ってます。

──「メーデー」には、ドラムソロ的なパートがありますね。

升秀夫:俺、ドラムソロなんてやったことないですからね。やったことないし、やろうとも思ったことないですから。まったく頭になかった。で、ドラムセットの前に座っても、何も出てこなかった(笑)。しばらくして、藤原が(ドラムの)パターンを考えてくれたんだけど、すごくむずかしくて(苦笑)。一度家に帰って、ディレクターが“参考にしなよ”って言ったものを聴いたり…その通りにやっても俺はできないし、そういう風にする必要もないだろうなって思って、何も考えないで…とくに参考資料とかもなく考えて組み立てたのが、あのフレーズ(笑)。そんなにテクニカル的なことでもないし、新しいことでもないんですけどね。

藤原:俺はカッコいいと思ってるよ。ドラムのパターンを考えてるときは、普段ドラムを叩かないんで、手首が痛くなったけど(笑)。


取材・文●佐伯 明

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス