キーン、ブリトニーとのコラボを断わる

ツイート
キーンが、ブリトニー・スピアーズからの曲作りの依頼を断わっていたことを明らかにした。彼らはこれまで、グウェン・ステファニーやプッシーキャット・ドールズのために曲を作ってきたが、ブリトニーは彼らの基準に達しなかったようだ。

『Dialy Mirror』紙によると、キーボードリストのティム・ライス・オクスリーはこう明かしたという。「俺たちには、絶対にやりたくないってことがいくつかある。ブリトニー・スピアーズは断わった。グウェンの後、たくさんの依頼が来るようになったよ。でも、グウェンにしてもプッシーキャット・ドールズのニコールにしても、ものすごく才能があるだろ。俺たち、音楽のクオリティを下げたくないんだ」

オクスリーは'04年のアイヴォ・ノヴェロ・アワードで最優秀作曲家賞を受賞。ステファニーとは、彼女のソロ・アルバム『The Sweet Escape』に収録された「Early Winter」でコラボしている。

キーンは今月29日、戦地の子供たちを支援する団体War Childのためチャリティ・シングル「The Night Sky」をリリースする(warchildmusic.comでは22日からダウンロード可能)。その後、同団体はマンチェスターとロンドンで開催する<Warchild Show>に出演。また28日には、学習障害に悩む人々を支援するチャリティ団体Mencapが主催するアコースティック・ギグ<The Little Noise Sessions>でパフォーマンスする。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報