レッド・ツェッペリン、新曲制作の可能性も

twitterツイート
来月、Atlantic Recordsの創立者アーメット・アーティガンの追悼コンサートで再結成するレッド・ツェッペリン。フロントマンのロバート・プラントは、再結成は1回限りのものだと言及したが、ギタリストのジミー・ペイジとベーシストのジョン・ポール・ジョーンズはちょっと違う見方をしているようだ。2人は「いまは、追悼コンサートにだけ集中すべき」としながらも、この先、ツェッペリンとしての活動を続ける可能性があることもほのめかしている。

『Jam! Music』のインタヴューで、さらなるギグがあるかどうか問われたジョーンズはこう答えている。「基本的に、いまは今回のショウに集中している。全てのエネルギーはそこに注がれている。もちろん(先のことは)誰にもわからないよ。でも、まずは1歩ずつだ」

一方、「いまは、追悼コンサートに全力を注いでる……。君たちが違う答えを聞きたいのはわかってる。でも申し訳ないが、いま言えるのはこれだけだ」と話したペイジも、次の「新曲を制作する可能性はあるのか?」との質問ではファンが期待する答えを。「いいかい、それがなかったら僕は本当に驚くだろうよ。自分たちのことはよくわかってる。僕らはミュージシャンだ。演奏してるうちに、いろいろ思いつくはずだ。それは楽しみだよ」

とりあえずは、11月26日のコンサート。ここでの出来がキーとなる。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス