X JAPAN、全世界デビューで再始動!? PV公開撮影実施

ツイート
97年に解散した人気ロックバンド“X JAPAN”が、今月22日に東京・台場のアクアシティ屋上にて、新曲「I.V.(アイヴイ)」の公開プロモーション・ビデオ撮影を行なうことがわかった。98年に亡くなったギタリストのhide(享年33)を除く、YOSHIKI(Dr)、TOSHI(Vo)、PATA(Gt)、HEATH(Ba)の4人が揃ってファンの前に姿を現すのは、実に10年ぶりとなる。

リーダーのYOSHIKIを中心に結成されたX JAPAN(当時のバンド名はX(エックス)。92年にX JAPANに改名)は、89年にアルバム『BLUE BLOOD』でメジャー・デビュー。当時は派手なメイクと過激なパフォーマンスばかりが注目されたが、次第に彼らの作る楽曲の良さが広まり、90年代の日本の音楽シーンを代表するカリスマ的存在のバンドにまで登りつめた。彼らは、近年海外でも注目を集めている“ヴィジュアル系”と呼ばれるアーティストの先駆者的存在でもある。

新曲「I.V.」は、全世界で大ヒットを記録しているハリウッド映画『SAW』シリーズの最新作『SAW4』(現地27日公開)の全世界メインテーマソングに決定している。楽曲は英語詞で、YOSHIKIが作詞、作曲。YOSHIKIはTOSHIのヴォーカル・レコーディングにも立会い、英語の指導を行なったという。楽曲にはhideの未発表のギター音も加工されて取り入れられており、まさにメンバー5人の音源で構成された楽曲に仕上がっている。CD化は未定。

今回の全世界デビューをきっかけにバンドが完全復活するかは定かではないが、復活となった暁には、今度は日本だけでなく海外の音楽シーンでも話題となりそうだ。

映画『SAW4』は、11月17日にTOHOシネマズ 六本木ヒルズほかで全国ロードショー。
この記事をツイート

この記事の関連情報