t.A.T.u.、初ライブDVD、世界に先駆けアマゾンで

ツイート
全世界が待っていた初のライヴ映像『TRUTH~Live in St.Petersburg~』が、世界のどこよりも先駆けて日本のWEBから発売となった。2007年9月12日から発売開始したのは、アマゾンジャパン。ウェブ限定での完全先行販売である。

2003年、「オール・ザ・シングス・シー・セッド」で衝撃的に日本の音楽シーンに登場したt.A.T.u.。非常に優れた音楽性、クオリティの高い作品、憂いを持ちながらも強い意思を内包したアレンジメント、そして二人の歌声、もちろん喜怒哀楽の行間に潜む複雑な感情を編みこんだ楽曲の素晴らしさ…、そのミュージシャン・シップの高さは、誰もが認める素晴らしいアーティストの登場を高らかに宣言するものだった。

しかし、t.A.T.u.の名前は、ドタキャン騒動をはじめとした数々のスキャンダラスなイメージで彩られ、結果、東京ドーム公演後、決して良いとはいえないイメージを残したまま日本を去ることになってしまった。

その後、ユーリアの出産による活動のブランクもあり、その存在はやがて風化のごとく日本においては消えた状態に近いものになっていく。いわゆるマスコミを中心に作られた単なる一過性のブーム、といった印象がぬぐえない結果となってしまったのはご存知の通りだ。

しかし、日本でその存在が忘れられている間も、ヨーロッパや南米、そして日本以外の東アジアで、その人気はむしろさらに上がり続け、2005年10月に発売された2ndアルバムは、全世界35カ国で、好セールスを記録。ワールドツアーも行なわれ、各国で高い評価を得ているというのが現実だ。

t.A.T.u.は、一人の男を追放した。「ドタキャン騒動」というマイナスなイメージや「レズビアン演出」などでスキャンダラスに活動するという、その仕掛け人であったプロデューサー、イヴァン・シャボヴァロフである。アーティストがアーティストとしてピュアに活動すること…、そんな当たり前のことができなかった彼女たちが、初めて人並みの活動形態に立つようになれたのが、日本を去ったドタキャン騒ぎの数年後なのである。

プロデューサーの追放によって彼女たちが乗り越えたものは、作品のパートナーの復活、新しいマネージメント・チームの完成、そしてオリジナル・バンドメンバーとの出会いから、自立したセルフ・プロデュース・アーティストだ。一新されたスタンスでの活動のスタートは、本来のt.A.T.u.のもつ輝きを呼び戻し始めた。

その結果として刻まれたコンサートのひとつが、2006年4月28日ロシア本国第2の都市、サンクトペテルブルグで行なわれた1万人コンサートである。そう、今回リリースされたDVDは、まさしくそのときの映像となるものだ。新しく、熱く、キュートで、アーティストとしての個性と可能性に溢れたライブの模様とともに、普段のt.A.T.u.の素顔や舞台裏の知られざる映像を交えた形で、日本だけが知らない真実のt.A.T.u.がここに収められているのだ。

『TRUTH~Live in St.Petersburg~』ダイジェスト映像
https://www.barks.jp/watch/?id=1000020111

『TRUTH~Live in St.Petersburg~』DVD
https://www.barks.jp/shop/?id=B000HBK1NS


このダイジェスト映像では、彼女たちのその魅力のほんのわずかしか伝えることができないが、是非このDVDを手にし、t.A.T.u.の魅力と素晴らしさを分かち合ってもらいたいと願う。

なお、現在t.A.T.u.は3枚目のアルバムの制作に入っている。リリース予定はまだ未定だが、素晴らしい作品を作り上げてくれることは間違いない。華麗なる日本での復活を願い、完成まで今しばらく待つこととしよう。

この素晴らしいDVDの完成を記念して、バークス・ユーザへプレゼント!
■t.A.T.u.『TRUTH~Live in St.Petersburg~』DVD 5名様
■t.A.T.u.オフィシャルTシャツ 10名様
■t.A.T.u.付け爪 10名様
https://www.barks.jp/present/
この記事をツイート

この記事の関連情報