週刊エンタメ情報・今週の1行ニュース(2007.10.20)

ツイート
●パリス・ヒルトンは、新恋人と言われていた20歳のアレックス・ヴァーゴと早くも破局した模様。噂によれば、「彼のルックスは気に入っていたが、大人しすぎて飽きてしまった」らしい。

●そのパリスの新たなデート相手として、キッド・ロックの名前が取りざたされたが、これは「コンサートに行っただけで、デートはしていません」と広報がきっぱり否定。

●そのキッド・ロックは、4年ぶりの新作『Rock N Roll Jesus』が、Billboard誌のアルバム・チャートでブルース・スプリングスティーンの『Magic』を蹴落とし、初登場1位を記録した。

●50セントは、映画『Righteous Kill』の撮影現場で、共演俳優のフランク・ジョン・ヒューズと口論のあげく、殴り飛ばしてしまったらしい。50セントがセリフを間違えたのが原因だったとか。

●インシンクのランス・バースは、ゲイであることを世間に公表する2年以上前に、ブリトニー・スピアーズに打ち明けていたそうだ。

●リンジー・ローハンは、スノーボーダーの新恋人ライリー・ジャイルズとの婚約の噂を否定。

●05年にエルトン・ジョンと結婚したパートナーのデイヴィッド・ファーニッシュは、エルトンの仕事が忙しすぎて子供を持つ余裕がないことを悲観しているという。

●ブロンディのデボラ・ハリーは、伝記映画でデボラを演じることになった女優キルスティン・ダンストについて、「何度か会って一緒に遊んだけど、とても可愛い子よ」と絶賛。

●ライオネル・リッチーは、娘ニコールへの出産祝いとして、子育てにふさわしい安全な住宅地に家を買ってプレゼントするつもりらしい。

●スパイス・ガールズは、新曲2曲を含むベスト・アルバムを、人気下着メーカーVictoria's Secretの米国内店舗とウェブサイトで11月13日から先行発売する。一般発売は08年1月15日予定。

●先週末の全米映画興行成績ランキングは、ジャネット・ジャクソンが出演した『Why Did I Get Married?』が、2,150万ドル(約25億円)で初登場1位に輝いた。ジャネットは主要3組の夫婦の1人を演じている。

●過去にもソウル・アサイラムのデイヴ・パーナーや、カウンティング・クロウズのアダム・デュリッツ、Helmetのペイジ・ハミルトンなどと交際し、ミュージシャン好きで有名な女優ウィノナ・ライダーに、またもロッカーと熱愛の噂。新恋人はRilo Kileyのギタリスト、ブレイク・セネットらしい。

Eugene Fields
この記事をツイート

この記事の関連情報