A・モンキーズのアレックス、新バンドが完成間近

ツイート
アークティック・モンキーズのフロントマン、アレックス・ターナーが、元リトル・フレイムス/現ラスカルズのギタリスト、マイルズ・ケーンと共にバンドを結成、アルバムを制作していることは以前お伝えしたが、作品が早くも完成間近だという。8月の終わりにパリでレコーディングをすると言っていた彼ら、順調に進んだようだ。

アルバムは、モンキーズの『Favourite Worst Night Mare』と同じくシミアン・モバイル・ディスコのジェームス・フォードがプロデュースしている。彼はBBCにこう話している。「素晴らしかったよ。ホントにあっという間だったけど、楽しかった。卓球やったり、チーズを食べたり赤ワイン飲んでさ」

レコーディングはひとまず完了し、この後、オーケストラ部分を加える予定だという。「ファイナル・ファンタジーって呼ばれてる奴にストリングスを入れてもらうつもりなんだ。アーケイド・ファイアーでもよくやってる男だよ」

フォードは作風に関して明言していないものの、アメリカのシンガー・ソング・ライター、スコット・ウォーカーの影響が見え隠れしたものになるのかもしれない。「(アルバム制作時には)スコット・ウォーカーをよく聴いてた」と付け加えている。

年内完成を目指しているといい、早ければ来年初めにはリリースされるかもしれない。

また、リトル・フレイムス解散後、ケーンが元メンバーと結成したラスカルズの活動も目が離せない。来月デビュー・アルバムのレコーディングをスタートするという彼ら。12月に行なわれるアークティック・モンキーズのUKツアーでサポートを務める。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報