YOSHIKI、X JAPAN再結成の真相を語る

twitterツイート
'97年12月31日。この日は、多くの人々にとってある種受け入れがたい一つの決断がなされた日だ。X JAPANの解散。「Forever Love」、「Endless Rain」、「紅」……、日本のロック史上空前の影響力を持ったバンドが、文字通り伝説となったのだ。

約10年という決して短くない月日の間、日本の音楽シーンも様変わりした。当時では考えられない音楽性、価値観も跋扈している。だが、X JAPANは何一つ変わらない。なぜなら彼らの時計は'97年12月31日で止まったままなのだから。

しかし、約10年の空白を経て、時計の針は再び動き始めた。そう、X JAPANが復活したのだ。

YOSHIKI、X JAPAN再結成の真相を語る ~写真編~
https://www.barks.jp/feature/?id=1000035054


'98年にはギタリストhideの急逝という悲しいアクシデントなどもあり、もはや再結成は不可能かと思われていた。しかし、hideの未発表ギター音源をサンプリングすることで、YOSHIKI(Dr/P)、TOSHI(Vo)、PATA(G)、HEATH(Ba)、そしてhide(G)という不動の5人で再結成することができたのだ。

この再結成にあたって発表された新曲「I.V.」は、映画『SAW4』のテーマソング。全世界公開ということもあり、歌詞はすべて英語となっている。今回、作詞/作曲/プロデュースを務めたYOSHIKIは、ヴォーカル・レコーディングの際にTOSHIへ英語の指導を行ったと言われている。

この今年最大のビッグニュースについて、X JAPANのリーダーでもあるYOSHIKIは、MySpace Japanの単独インタヴューでこう語っている。

──今回の曲「I.V.」をX JAPANとしてリリースしようと思った理由は?

YOSHIKI:ノリ一発です。それじゃいけないかな? ……いや、ノリ一発ですね。

──ハリウッド映画『SAW4』のテーマに決まった経緯を教えてください。

YOSHIKI:もともとその前に『カタコンベ』という映画の主題歌をやらせていただいたんですが、それがプロデューサーにすごく気に入ってもらえたんです。それで、今後も何か一緒にできないかという話が来まして。ぜひやってみたい、で、どのプロジェクトでやろうかなと考えた時に、もうX JAPANでやっちゃえって……。そんな感じなんです。

──今後のX JAPANについて教えてください。

YOSHIKI:あまり先のことは考えてないっていうか、あまり続けていくとかじゃないと思っているので。でも一回くらいはコンサートをやりたいですね。春だと思います。

このインタヴュー映像は、MySpace Japanにて独占公開中だ。
http://myspacetv.com/index.cfm?fuseaction=vids.individual&videoid=20588043

故HIDEのぬいぐるみを傍らに喋るYOSHIKIの姿に、様々な思いを禁じえない人も多いはず。今回発表された新曲「I.V.」のCDリリースは未定だが、来春にはコンサートの開催が決まっているという。同曲が主題歌となった映画『SAW4』は、11月17日(土)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズ他で全国ロードショー予定だ。

■『SAW』シリーズ最新作『SAW4』オフィシャルサイト
http://saw4.jp

■X JAPANの公式WEB SITE
http://xjapan.ne.jp/

■YOSHIKI オフィシャルMySpace
http://www.myspace.com/yoshiki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス