ケミストリー、親子試写会でシークレット・ライヴ

twitterツイート
10月24日に、映画『象の背中』の主題歌である新曲「最期の川」をリリースし、大きな話題を集めているケミストリーが、25日、池袋サンシャイン劇場で行なわれた同映画の親子試写会イベントにサプライズ・ゲストとして参加し、「最期の川」を披露した。

映画『象の背中』は、生と死をテーマに、家族の絆、夫婦の愛のかたちを真正面からとらえた感動作。最大のテーマが親子愛、家族愛であることから、日本橋女学館の中・高校の全校生徒約350人と父兄を招待して、親子試写会を実施することが決定。イベントの内容に共感したケミストリーが、上映後にサプライズ・ゲストとして参加することになったのだそうだ。

シークレット・ライヴということもあり、2人が登場すると大きな歓声と割れんばかりの拍手がわき起こり一気に会場の温度は上昇。その後、来場していた親子からケミストリーへの質問を募ると、生徒から質問が続出。質疑応答が終わると最後にケミストリーがピアノのみのスペシャル・ヴァージョンで主題歌「最期の川」を熱唱し、ダイレクトに響く歌声で来場者たちを魅了した。また、イベントの最後に行なわれた記念フォト・セッションでは、ケミストリーと共に会場に集まった女子中高生が「おとうさん、おかあさん、ありがとう!」と大合唱する場面もあり、貴重な親子限定ライヴとなった。

ケミストリーはこのイベントに参加し、次のようなコメントを発表している。

親子限定試写会でのライヴだったこともあり親御さんの見ている前で生徒さんからの質問に答えるのはすこし緊張しました。
この映画を歌という側面で伝える“歌手”としては生の声で“伝える”場を設けて頂き感謝しています。
彼女たちが家に帰ってお父さんやお母さん、友達など“大事”な人達にいつもとちがう一言をかけられるきっかけになれたら幸いです。


『象の背中』は、10月27日より全国公開される。


▼ケミストリー 最新インタヴュー映像
https://www.barks.jp/watch/?id=1000020167

▼「最期の川」PV
https://www.barks.jp/watch/?id=1000020136

■ケミストリー公式HP
http://www.chemistryclub.net/
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報