休業宣言のJET、Superflyとコラボで最新曲誕生

twitterツイート
JETが突然の無期限の活動休止を発表したばかりだが、そのJETがSuperflyとコラボした楽曲、Superfly×JET「i spy i spy」なる曲が、10月28日からNISSAN Cube CMソングとしてお茶の間にOAされる。

NISSAN CubeのCMといえば、絢香×コブクロ「WINDING ROAD」、ナナムジカ×のだめオーケストラ「Sora」で話題となり、好感度ランキングでも多くの支持を得た、あのヒツジとオオカミのCMだ。

▲Superfly
▲JET
その第3弾アーティストとなるのが、このSuperfly×JET。今回は海を越えたコラボレーションとなったのだが、どちらも活きのいいソリッドでグルーブのあるロックバンド。ライヴに定評がある点も共通項であり、コラボによって足し算ならぬ掛け算のバンドマジック反応が生まれることは想像に難くない。コラボレーション楽曲「i spy i spy(アイスパイ・アイスパイ)」は11月28日リリースだ。

2007年2月のJET武道館公演を観て感動したSuperflyが、JETと一緒にやってみたいと海を越えてオファーしたところ、逆にJETはSuperfly志帆のボーカルのパワーに衝撃をうけ承諾したという。

海をまたいでの楽曲制作、実際にSuperflyがJETの本拠地オーストラリア・シドニーに向かい、一緒に楽曲制作を行なって同時にレコーディングを敢行したという、真のガチンコ・コラボレーション。Aメロを志帆が歌い、BメロをJETのクリスが歌いサビを一緒に歌うという非常にコラボ感の強い楽曲になっている。詞、曲とも共作することにより、まさしくバンド融合の作品が誕生し、SuperflyでもJETでもない新たなサウンドが完成したようだ。
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報