カイザー・チーフス「007のテーマ曲は絶対やらない」

ツイート
カイザー・チーフスのメンバーは映画『007』シリーズが好きではないそうだ。ゆえに、頼まれたとしてもテーマ・ソングを作る気はないという。そのほか、ロマンチック・コメディーのサントラにも関与するつもりがないそうだ。

バンドはBBCのコンサート・イベント<Electric Proms>で007のミュージック・プロデューサー、デヴィッド・アーノルドとコラボしたが、それをきっかけにジェームス・ボンドと親交を深めようなどとは考えていないようだ。Contactmusic.comによると、ドラマーのニック・ホジソンはこう話したという。「俺ら、絶対にジェームス・ボンドのミュージックはやらないよ。(007シリーズは)いくつか見たことあるけど、退屈だった」

「1度(ほかの映画の)サントラを頼まれたことがある。でも、ロマンチック・コメディーだったんだ。俺らの好みじゃなかった。面白いかとも思ったんだが、そうじゃなかった」

カイザー・チーフスは、先週金曜日(10月26日)<Electric Proms>に出演。ピアノの弾き語りでスタート、オーケストラと共演した彼らのパフォーマンスの模様は、11月4日までBBCのサイト(bbc.co.uk/electricproms/2007)で公開中。同サイトでは、このほか、ポール・マッカートニー、コーラル、レイ・ディヴィス(キンクス)、ブロック・パーティーなどの一風変わったパフォーマンスを見ることができる。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報