青山テルマ、SoulJaとの出会いはカラオケボックス

twitterツイート
オリコンシングルチャートで5週連続トップ10入り、CDセールス15万枚を突破したSoulJa(ソルジャ)の最新シングル「ここにいるよ feat.青山テルマ」で印象的な歌声を披露し、急速に認知度が高まっているR&B女性ヴォーカリスト・青山テルマが29日、原宿トライベッカでマスコミ関係者を招いたコンベンションライヴを行なった。

今年の9月5日にシングル「ONE WAY」でデビューを果たした彼女は、コンベンションの直前に20歳の誕生日を迎えたばかりの現役女子大生アーティスト。デビュー前からSoulJaはもちろん、童子-T、DS455、SPHERE of INFLUENCEなど、数多くのHIP HOPアーティストの作品に参加し、確かな歌唱力と明るく天衣無縫なキャラクターで評判となっていた。

マスコミ関係者やスタッフ総勢200名が集まったコンベンションでは、最初に「ONE WAY」のプロモーション・ビデオを流したあと、出来立てほやほやの新曲「My dear friend」のPVも上映された。会場の期待が高まる中、いよいよ青山テルマが登場。「ONE WAY」とカップリング曲「GOOD TIME」、そして新曲「My dear friend」の3曲を伸びやかな歌声で披露した。

各関係者たちとの歓談後、再び彼女がステージにあがると、店のスタッフが大きなバースデーケーキを持って登場。会場にいる全員で「Happy Birthday To You」を歌い、20歳を迎えた彼女を祝った。

さらに、サプライズゲストとして、大ヒットシングルの共演者であるSoulJaが登場! テルマに花束を渡すと、集まってくれた人へのサービスという意味も込めて、テルマと2人で「ここにいるよ feat.青山テルマ」の1フレーズを披露した。

そして、2人の出会いのきっかけについて彼女は、「彼は先輩の親友。皆で行ったカラオケボックスでたまたま知り合った。同じレーベルになってびっくり」と当時を振り返った。また、「この曲(「ここにいるよ feat.青山テルマ」)は、去年の今ぐらいにできた曲。デモのときから周りも「これはいける!」と言っていて、早くリリースしたかった。みんなに愛される曲になって嬉しいです」とコメント。新曲「My dear friend」については、「友情をテーマにしていて、ポジティヴなメッセージを持っている曲。周りにいろいろな人がいて、私がいるという思いで作りました」と話した。

さらに、「20歳になったので、クラブツアーをしたい! 皆に響く歌、テルマにしか歌えない歌を歌っていきたい」と今後の目標を語る彼女にSoulJaは、「多くの人にテルマの歌声は響いていると思う。元気だったり、大人っぽいエモーショナルな面もあったり。いろんな引き出しを持っているので、これからが楽しみ。また一緒にいろいろやりたい。いつも元気でスマイリーな感じでいてください」と熱いメッセージを送った。

彼女の次の作品のリリースは、来年初頭を予定している。今後の活躍が大いに期待される彼女に注目だ。
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報