キティちゃん出演のソフトバンクのCM曲を歌う子供達はだれ?

twitterツイート
11月上旬からオンエアがスタートした“ハローキティ”登場の新しいソフトバンク・ケータイ「fanfun. Softbank 815Tハローキティケータイ」のCMソングが話題になっている。歩きながら電話をするキティちゃんの後ろで流れる、子供達が歌う「ウォーク・ディス・ウェイ」。

そもそも以前には、エアロスミスの「ウォーク・ディス・ウェイ」を使用していた同社CMだが、今回は子供のカバー・ヴァージョン。一体誰が歌っているのか?

これ、その正体は、ロックの伝説的名曲の数々をカバーするその名も“ロック・キッズ”というグループ。15人の小学生の子供達による、まさにロック版“少年少女合唱団”なのです。

ロック・キッズ『キッズ・ウィル・ロック・ユー』VJCP-68597
発売中(2003年12月10日日本発売)

1.ウィ・ウィル・ロック・ユー(クイーン)
2.アイ・ラヴ・ロックン・ロール(アローズ)
3.ウォーク・ディス・ウェイ(お説教)(エアロスミス)※Softbank CM曲
4.伝説のチャンピオン(クイーン)
5.マイ・ジェネレイション(ザ・フー)
6.アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール(ピンク・フロイド)
7.スモーク・オン・ザ・ウォーター(ディープ・パープル)
8.サティスファクション(ザ・ローリング・ストーンズ)
9.オール・ライト・ナウ(フリー)
10.イエロー・サブマリン(ザ・ビートルズ)
11.ヘイ・ジュード(ザ・ビートルズ)
12.スクルーズ・アウト(アリス・クーパー)
13.ワイルド・シング(トロッグス)
14.ホテル・カリフォルニア(イーグルス)
15.アノートル・モンドゥ(テレフォン)
16.ザッツ・ザ・ウェイ(KCアンド・ザ・サンシャイン・バンド)
フランスに住む9歳から13歳までの少年少女(女の子8人、男の子7人)の計15人が召集されることとなり結成。彼らの詳細ははっきりしないが、いずれも美術学校に通ったりバレエを習ったりしているという、それなりに音楽に関わっている子供たちのよう…。

“ロック・キッズ”が歌う様々な名曲のカバー、ちょっと聴き応えがあって面白い。当「ウォーク・ディス・ウェイ」も頑張って忠実に再現しており、エアロスミスのスティーヴン・タイラーの絶叫を真似るあどけなさが、かなり大変そうで微笑ましい。

ポール・ロジャースの名曲「オール・ライト・ナウ」を歌いこな…そうとしているちょっとハスキーなおぼっちゃんもグレートだ。またピンク・フロイド「アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール」のサビコーラスなどは、そもそもオリジナルが子供たちによるコーラスなだけに、まさしく完コピ状態になっている。「アイ・ラヴ・ロックン・ロール」を挑発的に歌うお嬢ちゃんのその芸風は、アローズというよりも、明らかにジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツに肉薄したものだ。

これらが収録されているアルバムは、実は2003年にリリースされており、他にもクイーンの「ウィ・ウィル・ロック・ユー」やザ・ローリング・ストーンズの「サティスファクション」、イーグルスの「ホテル・カリフォルニア」、ディープ・パープルの「スモーク・オン・ザ・ウォーター」などもちゃっかりカヴァー済み。

ソフトバンクCMの起用から、現在、急激に着うた(R)、PCダウンロード配信のセールスが上昇中という、ロック・キッズ。きっと話題になるのはこれからでしょう。まだ未体験のあなた、チェック必須ですよ。
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス