DJ KAORI、『JMIX』に続き『INMIX III』リリース

ツイート
10年24日にリリースされた『JMIX』が激売れ中のDJ KAORI、DJとしてのキャリアの頂点を極める彼女が放つ真骨頂作品が、11月14日リリースの『INMIX III』である。

J-POP盤『JMIX』と好対照となる洋楽盤の『INMIX III』、これまでのINMIXシリーズを超える更なる豪華メンツ&充実度を誇り、「これまでのINMIXよりも断然聴きやすいし、超盛り上がる内容」とDJ KAORI本人も絶賛する、アゲアゲの作品となっている。

NYから日本に拠点を移した後、毎日超多忙スケジュールをこなす彼女。日本代表スーパー・フィーメール DJとして、全国のクラブやパーティで培われた現場感とNYフレイヴァーあふれる職人技は、他のどのDJの比にもならない強力な武器。現場そのまんまのプレイリストが今回の選曲になっていると言っても過言ではないものだ。

今作の「さらに美しく、強くなった」というキャッチ・フレーズ通り、そのジャケットも麗しい。そしてその中身は、カニエ・ウェスト、ファーギー、Ne-Yo、リアーナなど今年クラブで一番盛り上がった曲がギッシリ詰まった超お得盤。

そのうえで、“これから絶対ブレイクする!”とKAORI本人がクラブでヘヴィ・プレイしているソウルジャ・ボーイなどのヒップホップやR&B、T.O.Kやボイスメールなどのレゲエ・チューンなども収録されている充実の内容。

冒頭からHIPHOP/R&B/レゲエの2007年の代表曲が繰り広げられ、しばらくはこの1枚で、洋楽のHIPHOP/R&B/REGGAEのMIX CDは不要、と言わんばかりのボリューム感を楽しむことができる。

ちなみに激売れ中の『J -MIX』、オリコン最高位4位を記録しているが、宇多田ヒカルやMONKEY MAJIK、安室奈美恵から、リア・ディゾンまでJPOPのシーンをリードするHIPHOPやレゲエ、R&Bのアーティストの超ヒット曲がDJスタイルでノン・ストップMIXになっているという作品だ。

例えクラブシーンに興味がなくDJプレイに魅力を感じないとしても、JPOPの新しい聴き方として、これは新鮮そのもの。

パーティーでも車の中でも、もちろんipodの中でも、もう1テンション上げてくれる高揚剤として、なかなか即効性がありますよ。
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス