ケヴィン・シールズ率いるマイ・ブラッディ・ヴァレンタインが、本格的に復活することが明らかになった。バンドは年内に新作を発表、来年夏にツアーを行なうという。解散を表明していたわけではないものの、新作は'91年の『Loveless』以来、コンサートは16年ぶりとなる。

NME.COMによると、彼らは6月20日のロンドン・ラウンドハウスの公演を皮切りにマンチェスター(28日)、グラスゴー(7月2日)でパフォーマンスするという。チケットは金曜日(11月16日)から発売される。

新作は実は10年以上前に制作を開始していたものだそうだ。シールズは「4分の3、完成した。'96年にスタートしてたんだ。'93~94年にかけてレコーディングしたものに、新曲を少し加えてる」と話している。サウンドは「(前作とは)違う……。でも、完全に違うってわけじゃない。みんな“ああ、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインらしい”って思うはずだ」

同作は彼らの3枚目のスタジオ・アルバムとなる。リリース日/トラックリストは、まだ明らかにされていないが、シールズは年内にリリースしたいと話している。

マイ・ブラッディ・ヴァレンタインは、'84年にダブリンで結成されたオルタナティヴ・ロック・バンド。ノイズ・ギターと繊細なメロディでシーンを圧倒した。シールズはその後、ほかのアーティストのプロデュースや映画音楽の制作、プライマル・スクリームのツアーに参加するなどソロ活動を続けてきた。

Ako Suzuki, London