BUMP OF CHICKEN、究極のアルバムが完成!

ツイート
大傑作と絶賛を浴びたアルバム『ユグドラシル』から3年。BUMP OF CHICKENが自信を持って作り出した最新アルバム『orbital period』が遂に12月19日にリリースされる。

彼らの創作意欲は枯れることがない。『ユグドラシル』リリース後もシングルを立て続けにリリースし、それぞれが大ヒットを記録している。まずは「プラネタリウム」。そしてPS2用ソフト『TALES OF THE ABYSS』のテーマソングになった「カルマ/supernova」。LOTTEエアーズのCMタイアップ「涙のふるさと」。現在公開中の大ヒット映画『ALWAYS 続・三丁目の夕日』の主題歌「花の名」、そして「メーデー」。そのほかにも『TALES OF THE ABYSS MOTOO FUJIWARA』や『人形劇ギルド』のような、彼ら独自の想像力が開花したものも世に放ってきた。

そして、メンバー全員が“28歳”になる2007年末、“28”という数字が大きな意味を持つ待望のアルバム発売となるのである。アルバム名の『orbital period』は、そもそも軌道、周期といった意味。一年のうち、同じ日に同じ曜日が来る年月の周期は6年・5年・6年・11年というサイクルで1セットになっており、合計して28年周期となっている。つまり、生まれた日の曜日は、このサイクルで元に戻ることになる。これらはすべての人に当てはまり、28年という数字は、宇宙の法則に則った大きな意味を持つのだ。

そんな意味を持つアルバム『orbital period』。彼らのあふれるほどの能力が音楽という形に昇華し、素晴らしいオリジナリティを持った作品群が収められている。

このアルバムのスポット映像を大公開中だ。15秒と短いものなので、目をよーく見開いて欲しい。そしてアルバムの発売日12月19日を待とう!

●『orbital period』スポット映像 11月20日大公開!
https://www.barks.jp/watch/?id=1000020378

●カウント・ダウン キャンペーン実施中
http://www.toysfactory.co.jp/bump/28/
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス