福山雅治と柴咲コウが「チュッチュ」する!? KOH+「KISSして」

ツイート
福山雅治と柴咲コウが「チュッチュ、チュッチュ」言ってる楽曲といえば、そう、現在オンエアされているフジテレビ系月9ドラマ『ガリレオ』の主題歌、「KISSして」。

10月からスタートした同ドラマは、福山雅治演じる天才物理学者・湯川学と、柴咲コウ演じる新米刑事・内海薫が、科学の力を使って怪事件を解決していくというストーリー。4年半ぶりの福山出演ドラマであることと、ストーリーのおもしろさもあって、視聴率は初回放送からずっと20%台をキープしている。来年秋にはドラマの続編として直木賞を受賞した『容疑者Xの献身』(東野圭吾著)の映画化も決定し、ますます注目を集めそうだ。

ストーリーのおもしろさもさることながら、放送開始当初から大きな話題となっていたのは、ドラマのエンディングに流れる主題歌。「チュッチュ チュルルル~ルッチュ~♪」と軽快なメロディとコーラスで始まるこの曲は、主演の福山と柴咲を中心としたコラボレーション・プロジェクト“KOH+”による楽曲。オンエア当初から話題となっていた同曲が、11月21日についにリリースされた。福山が書き下ろしたインストゥルメンタル楽曲などを含む『ガリレオ』オリジナル・サウンドトラックも同時発売となる。

福山が作詞作曲を担当した同曲は、ギターが前面に押し出されたアップテンポなラブソング。アレンジ、ギター、コーラスも福山が手掛けた。柴咲演じる“薫のイメージ”で書いたという歌詞からは、湯川と内海の不器用な恋模様を連想させる。

楽曲中でクールなヴォーカルを響かせている柴咲は、「レコーディングも気負わずやらせてもらい、とても歌いやすかったです。福山さんは紳士でした♥」とコメントしているが、ドラマでの湯川と内海は、見ている限りではまだまだ進展に時間がかかりそう。ドラマも後半に差し掛かり、なんとなく湯川は内海を気にかけているのかな~と匂わせる雰囲気になってはいるが…最終回までに2人がくっつくのかは、今の時点では「さっぱりわからない」。

果たして内海が湯川に「KISSして」という日がくるのか…そこんとこも「実に興味深い」ドラマだ。

12月7日には、KOH+としてフジテレビの音楽番組『僕らの音楽』に出演する。せひチェックを!

■「KISSして」PV試聴【期間限定】

◆リリース情報
シングル「KISSして」(CD+DVD)
UPCH-80050 ¥1,300(tax in)
2007年11月21日発売

オリジナル・サウンドトラック『ガリレオ』
UUCH-1063 ¥2,500(tax in)
2007年11月21日発売


KOH+ オフィシャル・サイト
http://www.universal-music.co.jp/kohplus/
この記事をツイート

この記事の関連情報