フランツ・フェルディナンド、次はミュージカル?

ツイート
フランツ・フェルディナンドのフロントマン、アレックス・カプラノスは、ミュージカルの音楽制作に興味を持っているようだ。フランツは最近、映画『Hallam Foe』へ曲を提供しているが、今度はステージへ進出したいと考えているそうだ。

カプラノスは『Daily Records』にこう話している。「このアルバム(バンドの3rdアルバム)が終わったら、ほかの分野に目を向けてみたいって思ってる。『Hallam Foe』の曲を書くのはすごく楽しかった。ベル&セバスチャンがミュージカル映画の仕事をしてるって聞いた。俺もミュージカルを書こうかな。何があるかわからないだろ。映画じゃなくてステージのために書くかも」

映画『リトル・ダンサー』でお馴染みのジェイミー・ベル主演の『Hallam Foe』では、フランツが所属するドミノ・レコーズがサントラを担当。フランツのほか、サンズ&ドーターズ、フォーテットらも曲を提供している。

気になるフランツの3rdアルバムのほうだが、レコーディングは順調に進んでいるようだ。カプラノスは以前、「新曲にはよりへヴィーなシンセ/ダンスの要素が詰まってる」と話していたが、彼らはレコーディングで珍しいタイプのシンセサイザーを使用しているらしい。「冷戦中、ロシアで作られた古いシンセサイザーだ。当時、ロシアでは(シンセサイザーが)が手に入らなかったんだけど、そういうものがあるって話を聞いた奴が、噂をもとに独自に作り上げたものなんだ。手にはいる部品なんでも使ったらしい。フツウのシンセと同じ音だ。だけどもっと風変わりだよ」

レコーディングはクリスマスまで続くという。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報