RIP SLYME式移動遊園地が見せるエンターテイメント

ツイート
2007年11月23日(金)、RIP SLYMEのTOUR<RIP SLYME FUNFAIR TOUR07-08>がスタートした。初日の会場は幕張メッセイベントホール。

来場した6000人のファンを前に、発売が待たれるニュー・アルバム『FUNFAIR』から、マクドナルドとのコラボによるWrap SLYMEキャンペーン・ソングとして11月7日にリリースしたばかりの新曲「SPEED KING」や、コカ・コーラ・キャンペーン・ソングとして2007年を代表するサマーチューンとなった「熱帯夜」を含む全22曲を熱唱、約2時間に及ぶライヴは大盛況に終わった。

◆RIP SLYME式移動遊園地が見せるエンターテイメント ~写真編~
https://www.barks.jp/feature/?id=1000035883


そんなRIP SLYMEの6枚目となるオリジナル・アルバム『FUNFAIR』は、11月28日リリース。“FUNFAIR”=“移動遊園地”のタイトル通り、さまざまなアトラクションのような楽曲が、色彩豊かに楽しませてくれるようなアルバムだ。

すでに話題となっている第86回全国高校サッカー選手権応援歌となった、MONGOL 800とのコラボレーション・ソング「Remember(RIP SLIME with MONGOL 800)」ももちろん収録。

『FUNFAIR』を引っさげ、ツアーは札幌から仙台へと移動、2008年1月2日、3日、4日の日本武道館3デイズまで、全10箇所13公演をRIP SLYMEの移動遊園地が一気に駆け抜ける。RIP式移動遊園地が見せてくれる各地のエンターテイメント、たっぷりと楽しめることだろう。
この記事をツイート

この記事の関連情報