クワイエット・ライオットのシンガー、亡くなる

ツイート
80年代に人気を誇ったメタル・バンド、クワイエット・ライオットのシンガー、ケヴィン・ダブロウが日曜日(11月25日)、ラスベガスの自宅で亡くなっているのが発見された。52歳だった。

隣人の通報により、警察と救急隊が駆けつけたといわれている。死因は明らかにされていないが、警察は、第三者による侵入形跡および不振な情況は発見されていないと話している。

スレイドのカヴァー「Cum On Feel The Noize」のヒット('83年)で知られるクワイエット・ライオットは、'75年にギタリストのランディ・ローズが結成。しかし、リリースした2枚のアルバムが失敗に終わり、ローズはオジー・オズボーンのバンドに加入、クワイエット・ライオットの活動は休止符を打たれた('79年)。

しかしダブロウは、ほかのメンバーと共にバンドを継続することを決意。一時はバンド名を変更して活動していたが、'82年にローズが飛行機事故で亡くなったのをきっかけにクワイエット・ライオットの活動を再開した。そして翌年リリースした『Metal Health』で全米No.1に輝いている。

ドラマーのフランキー・バネリーは、オフィシャル・サイトfrankie-banali.comに以下のようなメッセージを寄せている。「言葉が見つからない。大事な友人ケヴィン・ダブロウの死を痛み、哀悼している俺のプライバシーを尊重して欲しい」

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報