サウンド最先端! 中田ヤスタカに迫るスペシャルインタビュー

twitterツイート
PerfumeやMEGといった、今年大注目されたアーティストのプロデューサーとしても脚光を浴びている中田ヤスタカ。彼自身のユニットcapsuleが、12月5日にニューアルバム『FLASH BACK』をリリースする。

ヤマハのクラブ / ダンスミュージック情報サイト「traksy」では、同アルバムと中田ヤスタカサウンドについて、中田ヤスタカ本人に聞いたスペシャルインタビューの第1回目を掲載している。ここで少しだけその内容を紹介しよう。


─── 最新アルバム『FLASH BACK』についてお聞きします。中田さんはコンセプト先行型であるという話をよく聞くのですが、今回のアルバムを制作する際にも何かコンセプトのようなものはあったのですか?

中田ヤスタカ:そうですね、とりあえずは「他人に頼まれて作る音楽ではない音楽を作る」という感じはありましたね。出来るまでわからないっていうか…。タイアップや、企画が先行するわけでもなく、あと依頼されて作る場合はその人の頭では過去の僕の作品が流れてるわけで。そういうものじゃない音楽を作ろうと思ったんです。capsuleでしか生み出せないものというか。

─── なるほど。今回のアルバムタイトルである『FLASH BACK』には何か特別な意味があるのでしょうか?

中田ヤスタカ:映画とかの映像の編集で使う言葉のフラッシュバックの意味そのままなんですけども、色んなところから映像をもってきたりとか、細かく短いタイミングで映像を入れていく手法と、今やっている音楽のコントラストがはっきりしている感じがリンクするなと思って。“レトロ”とか“新しい”とか、“過去”とか“未来”とか、そういう時間的な意味での切り取り方ではなくて、もっと感覚的な切り取り方や切り刻み方を表そうと思って選んだ言葉です。


なお、リリース日の12月5日にはインタビュー後編掲載とともに、MySoundでダウンロード購入ができる。流行を作り出す彼の言葉から、今のサウンドの最先端を知ることができるかも!?


■ [関連] チョコレイト・ディスコ+手ブラ=? capsuleニューアルバムから「Spider」を先行配信!
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス