ジョイ・ディヴィジョンの映画、国内でも5部門を受賞

twitterツイート
カンヌ映画祭をはじめ、世界各国のフィルム・フェスティヴァルで高い評価を得た元ジョイ・ディヴィジョンのシンガー、イアン・カーティスの自伝映画『Control』が、英国のインデペンデント映画を称える<The British Independent Film Awards>で最多の5部門を受賞した。

同作は、最優秀作品に選ばれたほか、監督のアントン・コービンが最優秀監督賞と最優監督デビュー賞(The Douglas Hickox Award)、カーティスを演じたサム・ライリーが最優秀新人、ジョイ・ディヴィジョンのマネージャーでファクトリー・レコーズの共同経営者だったロブ・グレットンを演じたトニー・ケブルが最優秀サポート・アクトを受賞した。この役に抜擢されるまで倉庫で働いていたというライリーにとって、最高の銀幕デビューとなった。

また音楽関連としては、ジュリアン・テンプルが監督した故ジョー・ストラマーのドキュメンタリー・フィルム『Joe Strummer: The Future Is Unwitten』が最優秀ドキュメンタリーに輝いている。

英国は毎年、優れたインデペンデント映画を輩出しているが、同アワーズではこれまで、アカデミー賞にもノミネートされた『The Constant Gardener(ナイロビの蜂)』『Vera Drake(ヴェラ・ドレイク)』『Billy Elliot(リトル・ダンサー)』などが最優秀作品に選ばれている。

『Control』は、300万ポンド(約6億円)という(長編映画にしては)低予算で作られた。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス