岡野宏典、新曲は“写真”をモチーフに描いたヒューマニズム

ツイート
10月24日にリリースされたデビュー・シングル「レモネード」が、FM802をはじめ、全国25局以上のラジオ局を虜にして話題となった岡野宏典が、来年2月20日に2ndシングルをリリースすることが決定した。

「フォトグラフ」というタイトルが付けられた今作は、毎日の中にある様々な出来事、人との大切な出会い、そしてそれが未来へと繋がっていく…そんなヒューマニズム溢れるテーマを、“写真”をモチーフに描いた楽曲。“出逢いと別れ・期待と不安”が交錯する“春”の情感ともシンクロする、センチメンタルな世界観のポップ・チューンだ。

デビュー曲「レモネード」に続き、今作もサウンド・プロデューサーは蔦谷好位置(つたやこういち)氏。絶妙なセンスで、また多くのラジオ局を虜にする…かも!? カップリングの「道」では、寺岡呼人をサウンド・プロデューサーに迎え、叙情感溢れる楽曲に仕上げている。こちらも要チェックだ。

◆リリース情報
ニュー・シングル「フォトグラフ」
UPCH-5526 ¥1,100(tax in)
2008年2月20日発売

【収録曲】
1.フォトグラフ Produced by 蔦谷好位置
2.道 Produced by 寺岡呼人
3.フォトグラフ -Instrumental-
4.道 -Instrumental-

岡野宏典 オフィシャル・サイト
http://music.geocities.jp/okano0404/

岡野宏典 ユニバーサル公式サイト
http://www.universal-music.co.jp/okano_hironori/
この記事をツイート

この記事の関連情報