『R35 Sweet J-Ballads』収録アーティストがライヴ集結

ツイート
2007年4月25日の発売以来、20週にわたりオリコンウィークリー・ランキング・ベスト10を獲得し、邦楽コンピレーション歴代1位となっている『R35 Sweet J-Ballads』。また、ベスト20内のランクインとするとなんと31週連続を記録している驚くべきコンピレーション・アルバムだ。

◆参照「『R35 Sweet J-Ballads』熱唱で、誰を口説くの?」
https://www.barks.jp/news/?id=1000033460


そんな驚愕のヒット・コンピ80万枚突破を記念して、本アルバムに収録されたアーティストが集結したライヴ・イベントの開催が決定した。

もともとメガヒット級の作品ばかりが収録された当CD、その参加アーティストが集合するとなれば、通常では考えられない組み合わせになる。今回のライヴのスゴイところは、出演アーティストが全員ミリオンセラーを放っているところだ。

予定されている出演アーティストは、槇原敬之、JAYWALK、山根康広、class、中西圭三。このほかにも、サプライズゲストも出演予定。コンピレーション・アルバムをベースにしたライヴ・イベントで、ミリオンセラー・アーティストだけが集結するのは、もちろん歴史上初めての出来事。

そもそも『R35 Sweet J-Ballads』の企画は、男性ヴォーカルに的を絞った選曲で、男性から女性へのメッセージがメインテーマだった。そのコンセプトを「もう一度、妻を口説こう。」というキャッチコピーで表現していた。今回はそのコンセプトをライヴで表現することを重んじ、『ライヴR35』は「もう一度、妻と歌おう。」がテーマ。

ということで、オーディエンスが全員、想い出の曲を一緒に歌えるような演出が施こされる予定とのこと。いったいどのような施策なのか想像が付かないが、巨大なホールで、歌声喫茶が繰り広げられるのか?妙な一体感と不思議な高揚で、癖になる体験になりそうだ。

ちなみに、会場に託児所(有料/要予約)を完備するなど、来場者が安心して楽しめるような配慮も行なうという。

もともと、お客さんからの強い要望が関係者とアーティストに伝わり実現への運びとなったこのイベント、これまでになかった。おもしろいイベントになりそうだ。

<ライヴR35>
2008年2月29日(金)
場所 : 東京国際フォーラムA
開場18:00 / 開演19:00 全席指定 託児所完備(有料/要予約)
この記事をツイート

この記事の関連情報