DEEN、武道館公演とベスト盤を発表

ツイート
2008年のデビュー15周年を迎えるにあたり、DEENが初の日本武道館公演を発表した。

これは、これまで支えてくれてきた全国のファンやスタッフと一堂に会し、感謝をこめたメモリアルなライヴを行ないたいとのメンバーの意志によるもの。

1993年、シングル「このまま君だけを奪い去りたい」でミリオンセラー・デビューを果たし、1stアルバム『DEEN』は160万枚突破、その後も「瞳そらさないで」「Memories」「永遠をあずけてくれ」などのメガヒットを連発してきたDEEN。その後はライヴ活動にも注力し1999年には横浜アリーナ公演などを実現してきた。

そして2007年、彼らは、8~10月にかけて全国47都道府県ツアーを実施していた。これは、まずはファンの元にDEENから赴き、小規模な会場で身近な距離から生歌を伝える、というメンバーからの感謝の思いにもとづくものだった。47都道府県48会場で11,000人限定・全会場・全入場者とハイタッチを実施するなど、あえて小さい会場にこだわり、10月21日の沖縄公演までオール・ソールド・アウトでフィニッシュ。11,000kmを走行し、中身のぎっちりと詰まった活動を行なってきたのが、2007年の秋だったのだ。

さらに会場をZEPPに移し、2008年1月12日からの7大都市ZEPP TOURを経た後、DEENは6月8日で一夜限りのメモリアル・ライヴを武道館にて行なうのだ。

『15年の月日を全国のサポートのみなさんと共有し、過去最高最大の盛り上がりにしたいと思います。そして、“15年分のありがとう”を叫びたいと思います。』──池森秀一:Vo

『15年間の音楽活動の集大成をあの武道館で皆さんの前で披露出来る事を幸せに思います!』──山根公路:Key

『15周年という節目をこんな大舞台で祝うことが叶うなどとは、かつては想像もしていませんでした。15周年を迎えて最初のライヴになりますし、この先の20周年に向けて最高の滑り出しとなるよう頑張りたいと思います。』──田川伸治:G

そして2007年12月19日には15周年記念作品として初のアコースティック・ベストアルバム『DEEN The Best クラシックス』をリリース。このアルバムはデビュー曲にしてミリオンヒットとなった「このまま君だけを奪い去りたい」等、彼らのビッグヒットの数々をアコースティック・アレンジで完全収録した作品。

収録曲の総売上げ枚数が約500万枚にもなるという、時代や世代を超えて歌い継がれているベストな選曲の上、サックスプレーヤー:矢野沙織とのコラボ曲「白い記憶」、哀川翔、酒井法子、MEGUMI等個性豊かな俳優陣が出演する2008年全国ロードショー映画「SS-エスエス-」の主題歌「I Promise You」の2曲の新曲も追加収録される。なお、初回限定盤は、初の47都道府県ツアーからの最速映像やPVなどを収録したプレミアムDVDが付属する予定だ。
この記事をツイート

この記事の関連情報