コールドプレイ、クリスマス・ソングをネットで公開

ツイート
コールドプレイが、プリテンダーズのクリスマス・ソング「2000 Miles」('83年)をカヴァー、オフィシャル・サイトColdplay.comで公開している。

フロントマンのクリス・マーティンは、以下のようなメッセージを掲載している。「僕たち、クリスマス・ソングが大好きなんだけど、自分たちで作ろうとするといつもサイテーなものになっちまうんだ。だから、カヴァーする。ポーグスの“Fairy tale Of New York”、自分が書いたんならよかったのにって思うよ」

コールドプレイはこの1年、ブライアン・イーノと共に新作のレコーディングに励んでいるが、そろそろ終わりが見えてきたのかもしれない。この先のツアーについて考えられるまでになったようだ。マーティンはブログでこう報告している。「新しいアート・ワークに大喜びしたと思えば、次の瞬間には、ライヴ・ショウの計画がなかなか進まなくて暗くなったりしてる。(でも)これらの曲(とそれにまつわる騒動)がこの広い世界に提示できるように全力を尽くすよ」

前作『X&Y』は、UK、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ヨーロッパ各国でNo.1を獲得。'05年、世界で最も売れたアルバムとなった。6月にリリースされた同作は半年で830万枚のセールスを上げた。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報