THE YELLOW MONKEY、解散以来初の4人のコメントを公開

twitterツイート
THE YELLOW MONKEYの全シングルとそのカップリング、全76曲が、12月19日(水)より、iTunes Storeほかで配信されることになった。

日本コロムビア時代からファンハウス時代まで、各レコード会社、そしてTHE YELLOW MONKEYのメンバーの協力の下、1992年のデビュー・シングル「Romantist Taste」から2001年の24thシングル「プライマル。」までの、全てのシングルを網羅している。

24枚のシングル・セールスは、合計で約620万枚(オリコン売上枚数)を記録し、計16曲がオリコンチャート・ベスト10にランクインしている。

さらに、iTunes StoreではTHE YELLOW MONKEYのアーティスト・ページ、そしてiTunes限定のセレブリティ・プレイリストが登場。今回、この企画のためだけに、バンドのメンバーが全24シングル(A面25曲)の中から、各自5曲をプレイリスト用にセレクトするという共同作業が実現した。解散以来、初めてとなる4人のメンバーが寄せたコメントはかなり貴重だ。

そして遂に、THE YELLOW MONKEYのPVも配信解禁される。記念すべき初解禁PVは「JAM」。楽曲配信と同じく、12月19日より、レコード会社直営♪ムービー、レコ直♪ビデオクリップ、モバイルコロムビアにて独占先行配信が始まる。

また、同日には、バンドのヴォーカリストであった吉井和哉も、ソロ4thアルバム『Hummingbird in Forest of Space』からリカット・シングル「バッカ」をリリースし、PV配信も同日に開始する。ちなみに、その「バッカ」のPVには、なんと当時「JAM」のPVに出演していた“男の子”と“女の子”が11年の月日を経て、成長した大人として出演している。「JAM」の映像も数カット使われていたり、著名人も出演していたりと、時代を超えた奇跡のコラボレーション作品なので、ぜひともご覧いただきたい。

なお、THE YELLOW MONKEYのインディーズ盤『BUNCHED BIRTH』は、12月5日より好評先行配信中。


■THE YELLOW MONKEYオフィシャル・サイト
http://www.theyellowmonkey.com/
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報