年末年始特集 BARKSゆく年くる年2007-2008~5月編~

twitterツイート

“プロレス史上最も成功した男”ともいわれ、“超人”の異名をとる伝説のプロレスラー、ハルク・ホーガンの愛娘。そんな前情報だけでも興味津々なのに、しかもキュート&セクシーな美少女だというから黙っちゃいられません。ということで、ニュース、特集、試聴関係にもガンガンアクセスが殺到したブルック・ホーガン。日本デビュー・アルバムとなった『アンディスカヴァード』は、錚々たるヒット・メーカーたちが参加したクオリティの高い作品でしたが、日本でのセールスはアメリカ並み、とまではいかなくて残念。

キュート&セクシーといえば、美勇伝。“天使の谷間の誘惑”とか、およそ音楽サイトとは思えないタイトル付けのニュースを筆頭に、その谷間が本当に誘惑しまくりのPVや、甘い歌声にメロメロの試聴が好アクセスを記録しました。

そして5月といえば、おめでたい話題がいくつかありましたね。まずは、陣内智則と藤原紀香の“格差婚”。披露宴のテレビ中継を見ていた全国の茶の間を感動の涙で濡らした、新郎・陣内さんの弾き語りによる「永遠にともに」も記憶に新しいところで、5月の試聴ランキングではコブクロ「永遠にともに」が堂々3位にランクイン。その後、12月20日にはこの「永遠にともに」をはじめ、披露宴で使用された楽曲を中心に、紀香さんのこだわり&お気に入りのラブソングを集めたコンピレーション・アルバム『Norika Wedding Style』もリリースされました。

また、辻ちゃん&杉浦太陽の電撃デキ婚発表があったのも5月のこと。もちろんBARKSも驚きました。でも、驚いてるだけではありません。待てよ、杉浦太陽といえば……と、膨大なアーカイヴの中から激レア動画を発掘! 2002年12月に公開した、弟の杉浦太雄とのユニット“Ex.Bold”のインタヴューを紹介しました。今回、惜しくも(!?)トップ5入りはなりませんでしたが、彼の人柄の良さがヒシヒシ伝わる映像を見ていると、若い二人の幸せを願わずにはいられません☆

「ステファニー、鮮烈デビュー!…といいつつ、誰?」という記事が、猛烈な瞬間風速でインターネット上に流れたのもこの5月でした。BARKSが記事提供している他サイトからのアクセスも殺到し、オフィシャル・サイトはパンク状態になったとか。そしてデビュー曲「君がいる限り」はBARKSでも見事に試聴ランキングで1位を獲得。ネットの情報の速さとクチコミのパワーを思い知らされた出来事でもありました。

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報