年末年始を1,000円で楽しむ方法

ツイート
年末年始は寝正月というそこのあなた、暇つぶしに千円札でも折ってみませんか?

“ターバン野口”や“クラッカー野口”など、千円札を使った折り紙がインターネット上で話題になったのをご存知の人も多いはず。千円札を細かく折って、野口英世がターバンを巻いているような形にするといったもので、考案者は名古屋を中心に活動しているインディーズバンド“アパッチ”のヴォーカル、ピロ氏。同氏が自分で制作した「折り方動画」をインターネット上の動画共有サイトにアップロードしたところ、噂が広まり多数のメディアで紹介されるほど話題となった。12月5日には折り方を収録したDVD『お札 de おりがみ「ターバン野口&ファミリー」公式折り方ビデオ 初級編』が発売されている。

ということで、さっそく初級編のDVDを手に入れて実際に折ってみた。結構簡単に折れるもんかと思いきや、実際挑戦してみると、全体のバランスを整えるのがなかなか難しい。端から2mmとか3mmの場所を山折り or 谷折りしなくてはならず、手先を細かく動かすので、頭の運動にも良さそうだ。


年末年始、どこにも出かける予定がなく、お子さんに拗ねられてしまったお父さん、一工夫したお年玉で、お子さんを喜ばしてみては? ちなみに、キャバ嬢へのチップなら、ターバン野口よりも、“アパッチ諭吉”のほうが喜ばれそう。“アパッチ諭吉”が収録された同DVDの上級編は、2008年1月16日に発売される。上級編には、野口英世(千円札)のほか、福沢諭吉(壱万円札)、樋口一葉(五千円札)といったファミリーの折り方も多数収録されているので、初級編じゃもの足りない人は、上級編に挑戦してみてはいかが?

■「ターバン野口の折り方」動画

◆リリース情報
『お札 de おりがみ「ターバン野口&ファミリー」公式折り方ビデオ』
【初級編】UPBH-62001 ¥3,000(tax in) 2007年12月5日発売
【上級編】UPBH-62002 ¥3,000(tax in) 2008年1月16日発売
この記事をツイート

この記事の関連情報