RIP SLYME、武道館でモンゴル800と初競演

ツイート
今回のRIP SLYMEホールツアー<RIP SLYME FUNFAIR TOUR 07-08>は2007年11月23日幕張メッセよりスタートし、北海道・新潟・仙台・香川・広島・名古屋・福岡・大阪(2Days)・日本武道館(3Days)という全10都市13公演、のべ約6万人を動員し、2008年1月4日に日本武道館にてツアーファイナルを迎えた。

日本武道館へつめかけた9,000人のファンを前に、アルバム『FUNFAIR』から「熱帯夜」「Tales」など全24曲を熱唱、アンコールではデビュー当時からの大人気曲「雑念エンタテイメント」「FUNKASTIC」「STEPPER'S DELIGHT」を連続披露。

更にロック界の雄“モンゴル800”をゲストに向かえ、人気曲「Remember」を世紀の初競演。ご存知「Remember」は、現在熱戦が繰り広げられている「第86回全国高校サッカー選手権大会」の公式応援歌。アルバムでも大人気の楽曲が、モンパチと初競演という形でオーディエンスへ届く、正月ならではのサプライズお年玉となった。

MCではRYO-Zが、「このバンドと一緒に、目標に向かって頑張っている全ての人達へエールを送りたい!」と熱いメッセージで会場を沸かせた。

最後は「マタ逢ウ日マデ」で締めくくり、今回のツアーは幕を閉じた。
この記事をツイート

この記事の関連情報