増田勇一のライヴ日記 2008年1月篇(1)2008年1月6日(日)アヴェンジド・セヴンフォールド@新木場STUDIO COAST

twitterツイート
過去、2度にわたって『サマーソニック』への出演を果たしているアヴェンジド・セヴンフォールド(以下A7X)が新年早々に来日。その、初の単独ジャパン・ツアーの初日公演を1月6日、新木場STUDIO COASTで観た。

これから名古屋、大阪、横浜での公演が控えているだけに、具体的なセット・リストなどについては触れずにおくが、仮に、「このバンドのアルバムを、まだじっくりと聴いたことがない」という理由でこれからのライヴに足を運ぼうかどうかを迷っている人がいるとするなら、そんなことは心配無用だと言っておきたい。もちろん予習できるならそれに越したことはないが、それでも最新作の『アヴェンジド・セヴンフォールド』と、出世作となった前作『シティ・オブ・イーヴル』さえ耳を通しておけば、とりあえずは充分。もちろんそれ以前の作品を通過している人たちには、さらなるお楽しみも用意されているわけだが、少なくとも過去の作品群を完全制覇することよりも“今”を目撃することのほうに、より大きな意味があるはず。あれこれ悩む前に、まずはA7Xが提示するロックの“今”に触れたいものだ。

ちなみにこの東京公演は、M.シャドウズの「ファッキン・トキオーッ!」という雄叫びで幕を開け、まったく疾走感を途切れさせないまま、圧倒的なスピード感をもって終了。しかも若々しい突進力ばかりではなく、過去二回の来日時以上に、
▲@STUDIO COASTの勇姿。そのほかライヴ写真はここをクリック
地に足のついた重厚さも感じさせてくれた。ぎっしりと人で埋め尽くされたSTUDIO COASTのフロアに大歓声とモッシュピットが渦巻いたことは言うまでもない。

彼らはこのツアー終了後、1月いっぱいをかけてUKツアーを展開し、さらに2月29日のデンバー公演を皮切りに開幕する『TASTE OF CHAOS 2008』で全米各地をまわることになる。このツアーに、日本からムックとD'espairsRayが参戦する事実にも注目したいところだが、まずはそんな先のことよりも現在進行中のジャパン・ツアーをお観逃しなく! 明日以降の公演スケジュールは以下の通り。

<公演スケジュール>
●1月8日(火)名古屋ダイアモンドホール
●1月9日(水)大阪なんばHatch
●1月11日(金)横浜BLITZ
[問]クリエイティブマン・プロダクション
http://www.creativeman.co.jp/

<サイン会>
●1月13日(日) 19:00 START (20時終了予定)
場所:タワーレコード新宿店7F イベントスペース 観覧フリー
http://wmg.jp/artist/avengedsevenfold/news.html

増田勇一
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon