オアシス、はやくもLAでミキシングをスタート?

twitterツイート
ニュージャージーのロック・ラジオ局G Rockによると、オアシスが今週、LAで新作のミキシングをスタートする予定だという。これが事実であれば、昨年アビーロード・スタジオで行なわれたレコーディングは、考えられていた以上に迅速かつ順調に進んだようだ。早くもアルバム完成の最終段階に突入したということになる。

複数のメディアが伝えるところによると、ミキシングには、前作『Don't Believe The Truth』同様、プロデューサーのデイヴ・サーディが付いているそうだ。バンドは前作もサーディと共にLAでミキシングを行なっている。

フロントマンのリアム・ギャラガーは以前、ロイター通信のインタヴューでLAではミキシングのほか「もう少し、手を加えるかもしれない。それほどたくさんではないが」と話していた。彼らがどれくらいLAに滞在するのかは、不明。

オアシス7枚目のスタジオ・アルバムとなる新作は春にリリース予定だと伝えるところもあるが、詳細はまだ明らかにされていない。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス