2月デビューのキマグレン、失恋エピソードを大募集

ツイート
2月20日にシングル「あえないウタ」でメジャー・デビューを果たす逗子出身の2人組みユニット、キマグレン。メンバーのISEKI(Vo&Gt)とKUREI(Vo)は、それぞれ幼少時代を海外で過ごし、16歳のときにスイミングスクールで運命の出会いを果たした。

ISEKIは、1998年度のHOTWAVE(横浜スタジアム)コンクールにて、最優秀ボーカル賞を受賞しているほか、2001年に開催された第一回関東ギターエロスに“COTE DOR”というバンド名で参加している。一方、17歳の時にバンド活動を本格的に開始したKUREIは、18歳の時にニューヨーク州シラキュース大学医学部に入学。2005年には逗子海岸にライヴのできる海の家「CLUBEACH HOUSE KANNON」を発足している。それぞれいくつかのバンド活動を経た後、2005年に2人でキマグレンを結成した。

そんな彼らのデビュー・シングル「あえないウタ」は、“好きだけど別れを選んだ二人の想い”を歌った切ないバラード。“会いたいのにもう会えない”…そんな切ない恋心を、暖かくもオーガニックなサウンドと素直な言葉で綴った失恋ソングとなっている。

現在ユニバーサルミュージックの公式サイトでは、同曲のリリースにちなんで、失恋エピソードを大募集している。諦めなきゃいけなかった恋のエピソード、誰にも言えずに終わった恋など、あなたの心の奥にしまいこんだ切ない思い出を、これを機に投稿してみては?

■「あえないウタ」楽曲試聴

◆リリース情報
デビュー・シングル「あえないウタ」
UMCK-5192 ¥1,000(tax in)
2008年2月20日発売

失恋エピソード投稿フォーム(ユニバーサルミュージック)
【PC】https://www2.universal-music.co.jp/form/kimaguren/kimaguren_form.html
【Mobile】http://www.blogri.jp/event/kimaguren/
この記事をツイート

この記事の関連情報