クラムボン原田郁子、ふたたびソロ活動スタート

ツイート
クラムボンの原田郁子が、2004年9月にリリースしたアルバム『ピアノ』以来、3年半ぶりにソロ活動を再開。6曲入りブックCD『気配と余韻』を3月5日にリリースすることが決定した。

この『気配と余韻』は初回限定生産で、原田郁子自身が描いたイラスト付きのブック付CD仕様。また、本作の収録曲「やわらかくて きもちいい風」が、今夏公開になるタナダユキ監督、蒼井優主演の映画『百万円と苦虫女』の主題歌に起用されることも決定している。

ブック・デザインはアリヤマデザインストア有山達也氏が手掛けており、目と耳とで感じる原田郁子の世界を味わうことができる。

■オフィシャル・サイト http://www.clammbon.com
この記事をツイート

この記事の関連情報