3B LAB.☆Sの岡平健治、ソロ・デビュー曲は決意表明

twitterツイート
1998年にフォークデュオ“19(ジューク)”のメンバーとしてメジャー・デビューし、その後、3B LAB.☆Sのヴォーカル&ギターとして活躍している岡平健治。

昨年11月21日にデビュー10周年に突入したことをきっかけにソロプロジェクトをスタートさせ、同日から東京・品川ステラボールを皮切りに、ギター1本、キーボード1台を持ち、自分で車を運転して日本全国47都道府県を周るというソロツアー<全国47都道府県弾語り自走TOUR2007→2008>を行なっている。

現在、同ツアー敢行中の彼が、1月30日にソロ・デビュー・シングル「告白」をリリースする。ファンや友達・家族など、自分を支えてくれる人たちに向けて、アーティストとして“走り続ける”という決意表明でもあるというこの曲は、歌声を際立たせるアコースティックギターのシンプルなサウンドに、“感謝”と“愛”を伝えたいという自身の想いを、10代の頃に生まれた言葉に現在の想いを重ねて表現した壮大なバラードとなっている。

現在レーベルサイトでは、楽曲試聴およびPV視聴を実施中。ストレートに訴えかけてくる彼の歌声に、ぜひ耳を傾けてみてほしい。

また、ソロツアー<全国47都道府県弾語り自走TOUR2007→2008>の第5弾までの公演情報も発表された。詳細は、オフィシャルサイトをチェックしよう。

岡平健治 ビクターエンタテインメント アーティストページ
http://www.jvcmusic.co.jp/-/Discography/A018181/-.html

岡平健治 オフィシャルサイト
http://www.okahirakenji.com/
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報