イルカの息子と江原啓之がコラボ曲を発表

ツイート
シンガー・ソングライターのイルカの息子で、同じくシンガー・ソングライターの神部冬馬(かんべとうま)が、スピリチュアル・カウンセラーの江原啓之とコラボレート・ミニ・アルバムをリリースすることになった。

これは、ニッポン放送の人気番組『江原啓之の幸せのレッスン』(毎週月曜21:00~22:00)がきっかけで実現するもの。「物質至上主義の世の中で、本当に大切な事は一体何なのか?」と、江原氏が今の世の中に伝えたいメッセージを贈る「今、想うこと」という同番組内のコーナーで二人がコラボレートし、ミニ・アルバム『小さき者』として3月19日にリリース。江原氏が“想う”メッセージを、神部冬馬が歌=音霊で表現した作品となるそうだ。表題曲「小さき者」は、二人のライヴ共演がきっかけで生まれた江原啓之作詞・神部冬馬作曲による楽曲。

神部冬馬は、1978年12月14日生まれ。学生時代からコピー・バンドを組んで音楽活動を始め、現在は自作の曲を中心に都内でライヴ活動を行なっている。江原氏とは、冬馬の母であるイルカを通じて幼い頃から家族ぐるみの交流があった。そして2007年3月21日にイルカの夫で音楽プロデューサーだった神部和夫氏が他界し、その悲しみを乗り越えて本格的に音楽活動を始めた神部冬馬に、江原氏は「亡き父・神部氏が冬馬のスピリチュアル・プロデューサーとなり、天国から息子の音楽プロデュースを手がけている姿」を見たという。

神部氏の一周忌となる2007年3月、シンガー・ソングライター/神部冬馬が誕生する。

『小さき者』
2008年3月19日発売
FLCF-4227 \2,000(tax in)
<収録予定楽曲>
1.小さき者
2.一期一会
3.一歩上へ
4.始まりの終わり
5.365日
6.教訓
7.小さき者 -Reprise-

■オフィシャル・サイト
http://sound.jp/kambetoma/
http://www.forlife.co.jp/
・ブログ http://ameblo.jp/toma-vfk/
この記事をツイート

この記事の関連情報