松下奈緒、映画の主演+音楽+演奏を担当

ツイート
女優・松下奈緒が、今春に公開される映画『チェスト!』にて、史上初の主演+主題歌+ピアノ演奏+劇音楽制作の4役をこなす。

3歳からピアノを始めた彼女は、2006年10月にピアニストとしてアルバム・デビュー。かねてよりサウンドトラックに興味があり、今作のために30曲に及ぶ劇音楽を作・編曲し、初のオーケストラ曲のアレンジも行なった。

映画『チェスト!』主題歌「流れる雲よりもはやく」は、劇中で松下が演じる教師“白石奈津子”が担任する“清水原小学校6年2組”の生徒たちも参加し、映画の撮影が行なわれた鹿児島でレコーディングされた。

「流れる雲よりもはやく」『「チェスト」オリジナル・サウンドトラック~松下奈緒オリジナルスコア』は、2月27日発売。

■オフィシャル・サイト http://www.matsushita-nao.com/
この記事をツイート

この記事の関連情報