ヒット曲の方程式確立か? GREEから楽曲が誕生!

ツイート
携帯小説をはじめ、若者カルチャーの発信源としてその存在を変えつつある携帯電話。現在、この携帯電話からヒット曲を生み出そうという企画が進行している。

「ケータイから名曲を♪」と題されたこのプロジェクト。アコースティック・ロック・ユニットのラムジが、SNSサイト「GREE」でのユーザーとのコミュニケーションを軸に楽曲を制作し、配信。そしてパッケージリリースまでを行なうという企画だ。

携帯に主軸を置いたこの企画のテーマは「携帯電話にまつわる恋愛エピソード」。GREEのラムジ公式プロフィール内に投稿された、ユーザーからのストーリーをもとに、ラムジのメンバーが楽曲を制作。500件を越す様々なストーリ全てに目を通したメンバーの感じた思いを曲に込め、誰もが経験のある恋愛の“距離”をテーマに、心に染みる名バラードが生まれた。

楽曲タイトルは「言葉」。

この楽曲は、2007年12月に着うた(R)として配信を開始。ミュゥモなどの配信サイトの着うた(R)ランキングではチャートインも果たす。

また、配信開始1週間前の12月12日からは、待ちうたプレゼントキャンペーンも実施。これが反響を呼び、2万件近いユーザーが呼び出し音に設定するという異例の結果を残した。

携帯電話から生まれたストーリーが曲になり、携帯電話を使って広まっていくという、まさに現代のヒットパターンにつながりかねないヒットの方程式が、この曲によって確立されるかも。ぜひ注目してほしい。

なお、この「言葉」は、2月6日リリースのミニアルバム『言葉』のリードトラックとして収録される。


『言葉』のCD情報
ラムジの動画(『言葉』のスペシャル動画も近日中に追加)
この記事をツイート

この記事の関連情報