R35世代に贈る、注目の新コンピ盤『E35』

ツイート
最近は何かと “35歳” が世間を騒がし、この世代をターゲットにしたCDが多数リリースされている。というわけで、またひとつ話題を呼びそうなコンピレーションアルバムを紹介しよう。その名も『E35』。

このアルバムに収録されているのは、浜崎あゆみ「SEASONS」、globe「DEPARTURES」、槇原敬之「どんなときも。」、CHAGE and ASKA「SAY YES」「YAH YAH YAH」、小田和正「ラブ・ストーリーは突然に」、LINDBERG「今すぐKiss Me」、中山美穂「You're My Only Shinin' Star」など、80年代90年代のドラマやCMを彩ってきた名曲総勢35曲(そのうちミリオンヒット17曲)の、なんと英語カヴァー。

『E35 ~英語で歌おうJ-POP~』の収録曲一覧

そして注目は、実際にこれら名曲をカヴァーしたアーティスト。ボビー・コールドウェルを筆頭に、ジョセフ・ウィリアムスやボビー・キンボール(ともにTOTOのヴォーカリスト)、ジェイソン・シェフ(シカゴのヴォーカル / ベース)、ジェイ・グレイドンやトミー・ファンダーバーグ(伝説のグループ、エア・プレイのメンバー)、そしてロニー・スペクター(「ビー・マイ・ベイビー」が世界的に大ヒットしたザ・ロネッツ。元夫はフィル・スペクター)などなど、なかなか豪華なメンツがそろっている。

これら豪華アーティストが、日本の名曲たちをどのようにカヴァーするのか。R35世代はもちろん、それより上の洋楽ファンにとっても聞き逃せない1枚と思って間違いない。80年代、90年代の名曲を知らない世代にとっては、“新曲” として受け入れられるかもしれない。

注目の『E35 ~英語で歌おうJ-POP~』は、2月22日リリースだ。

『E35 ~英語で歌おうJ-POP~』の収録曲一覧

<面白コンピ盤 紹介>
小悪魔系キャバ嬢のSEXYおねだりコンピ盤
mixi発の究極洋楽コンピ盤
Mステが取り上げた、涙のコンピ盤
この記事をツイート

この記事の関連情報