河村隆一、ミュージカルに初挑戦

ツイート
2月3日、日本武道館にて<70の物語>と題したライヴを行ない、約4時間半にわたり71曲を歌い上げた河村隆一。シンガーとして比類のない存在感で活動を続けてきた彼が、ブロードウェイ・オリジナル演出による『CHICAGO』でミュージカルに初挑戦する。

隆一の役どころは、弁護士のビリー・フリン。『CHICAGO』に登場する2人の悪女、ロキシー・ハート(米倉涼子)とヴェルマ・ケリー(キャスト未発表)が起こした殺人事件を扱うシカゴNo.1の敏腕弁護士。ブロードウェイ/ウェストエンドでは、アッシャー、元BSBのケヴィン・リチャードソン、ヒューイ・ルイスらが演じてきた。

ミュージカル『CHICAGO』は、今秋10月~11月初旬に、東京(赤坂ACTシアター)、大阪(梅田芸術劇場 大ホール)で上演される。

▼『evergreen anniversary edition』試聴
https://www.barks.jp/cdreview/?id=2000460262

■河村隆一オフィシャル・サイト
http://www.kawamura-fc.com/
この記事をツイート

この記事の関連情報