ミュージシャン縁のカムデンのパブ、火事の被害に

ツイート
レイザーライト、エイミー・ワインハウス、マーク・ロンソンらが常連だったロンドン、カムデンにあるパブHawley Armsが土曜日(2月9日)、火事の被害にあった。火災は広範囲に渡り、パブだけでなくカムデン・マーケットも被害を被ったが、幸いなことに怪我人は出ていないという。

BBCの報道によると、午後7時20分ごろ出火し、100人ほどの消防隊員が出動し消火に務めたという。現在、火元を検証しており、警察はまだ結論づけるのは早すぎるとしているが、消防隊は「目撃者の証言も得ており、火の出所は把握している」と話している。

詳細はまだわからないが、火元に近かったといわれるHawley Armsが多大な損害を受けたのは間違いなく、同パブの常連、レイザーライトのアンディ・バロウズ(Dr)も心配している。彼はNME.COMにこう話した。「真っ黒こげになったパブの写真を見るのは、本当に悲しい。ダギー(パブのオーナー)は、あの場所をクールなパブにしようと力を尽くしてた。俺とジョニー(・ボーレル)によくラザニアを作ってくれたもんだよ。カムデンでプレイするときには楽屋として使ってた。バンドの拠点として使わせてくれてたんだよ」

幸いなことに全焼してしまったわけではなく、時間がかかるだろうが、営業を再開することは可能のようだ。しかし、Hawley Armsだけでなく、カムデン・マーケットの被害も大きく辺り一体はしばらく閉鎖される。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報