♪アヒルンルン~のマユミーヌが本格始動

twitterツイート
OLと歌手の二足のわらじ状態ながら“影のCMソング女王”として数々のCMソングを手掛けてきたマユミーヌ。2006年秋から放送されているAFLACのCMソング「アヒルのワルツ」で一躍その名を知られるようになった彼女が、「アヒルのワルツ(バンジョー・ヴァージョン)」を3月5日にリリースし、音楽活動を本格始動するという。

マユミーヌはAFLACのほかにも、「ミツカン味ぽんゆずぽん」「新三共胃腸薬」「ヤクルト」「ダノン」などのサウンドロゴをはじめ、VIVRE、ファミリーコンパクト、ハウステンボス、ネピア、三ツ矢サイダーなど10社以上のCM音楽を歌っており、まさにCMソングの新女王といえる活躍ぶり。

しかしながら、昼間はOLとして生活。ちなみに、同じく二足のわらじをはく“OL芸人”として知られるオアシズの大久保佳代子と同じ会社に勤務しているらしい。

オリジナルの「アヒルのワルツ」は、2007年2月に1曲入りシングルとして発売。発売当初は、メディアに一切露出しない手法をとっていたが、2007年3月にフジテレビ系「フジサンケイグループ広告大賞」のオファーを受け、メディアに初登場した。現在までに「アヒルのワルツ」は累計約2万枚を売り上げ、着うた(R)ダウンロード数は累計15万ダウンロードを突破している。

マユミーヌは、
「OLと歌手のスイッチを切り替えるのが大変なときもあるけど、両方バランス良くあっての私。これからも歌同様、ルンルン♪と楽しく軽やかに、2つの顔を両立させて行きたい!」
とコメントしている。

■オフィシャル・サイト
http://miraclebus.com/mayumi-nu/
http://www.crownrecord.co.jp/artist/mayumiinu/new_release.html
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス