the studs、1stアルバム『and hate』特集内インタビュー

twitterツイート

──先日、ライヴを見ました。荒々しくてワイルドでガツン!と来ましたね。

aie:ありがとうございます。

──ああいうクールな雰囲気のバンドをやろうと、4人は集まったんですか?

aie:4人が集まったのは仲が良いってことだけです。一流プレイヤーを集めてやるより、気の合う奴らと10年、20年、自分らが楽しくやれるバンドができればと思ったので。

大佑:僕だけ東京で、あと3人は名古屋出身で昔からの付き合いなんですけど、別のバンドをやってる頃から、よく一緒に飲んでいたんですよ。

yukino:楽器陣3人は10年以上の付き合いだから、人間性も知っていれば、どういうプレイするかもわかってますし。付き合いが長いのに相変わらず仲が良くて。ツアーを回る車中で”マジカルバナナ”やってる時あるよね?

──今時、”マジカルバナナ”?(笑)

aie:今時(笑)。8割は下ネタですけどね(笑)。なのでバンドの音楽性や方向性を改めて話し合うこともなく…あっ、1つだけありました。“ラブ禁止”なんです、僕ら。

──えっ、どういうこと?

aie:とりあえず、今のthe studsでは二人称(僕とキミ)の恋の話を歌う必要ないと思うので。満を持して、ラブソングで一発ブレイクしたいなっていう…。

一同:(笑)

aie:それは冗談ですけど、個人的に、どんなアーティストのラブソングでも感動したことがないんですよ。地球規模の大きなラブ、例えばジョン・レノンの「IMAGIN」とかは別としても。

大佑:最近はいま自分が伝えたいことをストレートに素直に余分なものを削って書いてます。どちらかというと世間や環境に対する歌が多いですね。

──一貫して、世の中に牙をむくような、世の中を“hate”(憎む、憎悪)する歌詞ですよね。ただ、“and”が付いてることで、“hate”だけじゃないのかな?と。

aie:例えば、それは喜び、悲しみ、愛しさ…いろんな気持ちがあって、それら全てに、どっかしら裏腹な憎しみもある、と。それは全ての歌詞に共通してるのかなって思うし。

大佑:“and”があることで、何かを考えるきっかけになればいいな、という想いもありますね。

──そんな刺々しい曲が多い中、「ある朝」のように、捨てられた子犬に目を向けたような、引いては社会的弱者にスポットを当てたような歌詞があるのはホッとします。

大佑:誰でも、どんなに強い人でも、こういう寂しさや優しさってあると思うし。むしろ、こういう思いやりのある人が本当に強い人なのかなと。

──そうかも。では楽曲について伺います。曲はどうやって構築していくんですか?

aie:昔はちゃんとしたデモ・テープがあったんですけど、今は基本的にコード進行とメロディーだけ渡して、あとの肉付けはスタジオに入ってみんなで、っていう王道パターンです。ものの3時間くらいで1曲できる時もありますし、1ツアー回っても、やっぱ違うなって思って変えてしまう曲もあります。

──本作の中で難産だった曲は?

aie:「虹の色」は少しメロディーが変わりましたね。「警鐘」は尺(曲の長さ)が延びた分、印象が変わった感じがするかもしれないけど、改めて見てみるとあんまないかな…。

yukino:僕が原曲を作った中で、「灼熱は零度」だけはthe studsを始める前に、aieと3ピース・バンドをやっていた時のものなんです。それも尺が変わったくらいだし。

大佑:the studsは安産型なので(笑)。

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報