トム・ヨーク、ヨーロッパ全土に気候問題を訴える

ツイート
環境問題に熱心に取り組んでいるレディオヘッドのトム・ヨークが、ヨーロッパで新たなキャンペーン<The Big Ask Europe>をスタートした。これは、ヨークがこの数年支援している<The Big Ask>キャンペーンのヨーロッパ版。ヨーロッパ全土にあるFriends Of The Earthグループを集結し、ヨーロッパ・ユニオンにガス排出量を減らしていくよう訴える。

トム・ヨークは水曜日(2月27日)、ブルッセルで開かれた同キャンペーン立ち上げで<The Big Ask>のシンボルをヨーロッパ環境機構の理事に手渡し、以下のような声明を発表している。「我々の政府やヨーロッパ・ユニオンが行動に移さない限り、我々は気候変動の悪夢から醒めることはできない。我々が環境問題に取り組むにあたり、きちんとしたシステムを導入することができるのは彼らだけだ。だから、ヨーロッパ17ヶ国でこの<The Big Ask>キャンペーンを立ち上げる。ヨーロッパがガス排出のレベルを下げると宣言することで、我々は環境問題に対する自分たちの役割を果たすことができるし、世界に模範を示すことができる」

トム・ヨークが'05年に参加したUKでの<The Big Ask>キャンペーンは、英政府に二酸化炭素排出量を年間3%減らすよう要請。現在、議会で検討されている。

レディオヘッドは5月より全米ツアーをスタート。バンドのオフィシャル・サイト(Radiohead.com)によると、10月に日本公演が予定されているようだ。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報