サザンのメンバー、松田弘と関口和之がソロ作品発表

ツイート
桑田佳祐、原由子に続き、サザンオールスターズの松田弘(Dr)と関口和之(Ba)が、ソロ作品を発表することがわかった。

松田弘は青山テルマ、MCU、Skoop On Somebodyなど、今をときめく多彩なゲストを迎え、“BOOGIE MATSUDA&FUNKY★FREAKS(ブギー・マツダ・アンド・ファンキー★フリークス)”として最高にディスコティックな究極のパーティ・アルバム『GOOD CELEBRATION』を制作。4月23日に発売される。

一方、サザンオールスターズのベーシストにして孤高のウクレレ愛好家である関口和之は、7年半振りとなる口笛とウクレレのデュエット作『口笛とウクレレ2』を制作。前作に引き続き盟友・竹中直人のほか、2007年口笛世界チャンピオンの分山貴美子が口笛吹きとして参加している。ショッキング・ブルーの「ヴィーナス」やローリング・ストーンズ「アズ・ティアーズ・ゴー・バイ」といった楽曲を、澄んだ口笛とやわらかいウクレレの音色でユーモアたっぷりにアレンジした同作は、同じく4月23日に発売される。

サザンのメンバーが放つまったく毛色の異なる同2作、どちらも聴いてハッピーになれる作品となっているので、ぜひチェックを。

サザンオールスターズ公式サイト
http://www.sas-fan.net/
この記事をツイート

この記事の関連情報