ロバート・プラント、ツェッペリンのツアーを拒否?

twitterツイート
ロバート・プラントが、レッド・ツェッペリンの再結成ツアーに対する高額のオファーを蹴ったといわれている。ツェッペリンのメンバーは1月にこの先の計画に向けてミーティングを持つといわれていたものの、その後、何のニュースも流れてこない。期待されたツアーの実現は難しいのか?

『Sunday Mirror』紙によると、彼らは1億ポンド(約210億円)という巨額のオファーを受け取ったという。しかし、プラントは動じなかったようだ。関係者は同紙にこう話している。「高額なオファーだったにも関わらず、結局のところ金じゃないという結論にいたった」「12月の公演を楽しんだジミー(・ペイジ)は、ツアーをやりたいって考えてた。バンドの新しいチャプターをスタートするのはいいアイディアだって思ってたんだ。ジョン(・ポール・ジョーンズ)もジミーに賛成してた。もう一度、みんなで音楽を作りたいって思ったんだ。でも、ロバートは昨年のコンサートを、彼らのレガシーにしたいと思ってるんだ。自分たちはまだできるってことを証明できた、それで十分だって考えてる」

「彼はほかにやること(アリソン・クラウスとのツアー)があるし、それを楽しみにしてる。ツェッペリンのツアーは無しってことにしたんだ」

とはいえ、昨年の再結成公演が「やらない、あり得ない」と否定され続けた中、実現した経緯もある。ツェッペリン・ファンだけでなく、メディアもこのくらいの報道ではあきらめないはずだ。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報