D-51、地元高校の卒業式でサプライズ・ライヴ

ツイート
D-51がパーソナリティーを務めるJFNレギュラー番組「D-51 NO MORE RADIO~三横一村~」の企画で、地元沖縄の高校でサプライズ・ライヴが行なわれた。

この企画はふたりが出張して歌を届けに行く<友達の輪>という番組企画の一環。もともと「廃校になってしまうという名古屋の高校の卒業式」でライヴを行なったことに始まり、「結婚するお姉ちゃんのために」歌を届けて欲しいというリスナーの応募から自宅まで出向きライヴをしたりと、様々な企画を行なってきたもの。今回の<友達の輪>では、「卒業する3年生のために卒業式で歌を歌って欲しい」という1年生のリスナーからの応募で、沖縄の小禄高等学校に決定した。地元での<友達の輪>企画はこれが初になる。

卒業式の間にこっそり学校に入り、式の後の「3年生を送る会」の最後に突然「NO MORE CRY」のイントロが流れ、D-51が登場。驚愕と完成とともに、みんな一斉にステージ前に集まり、体育館は一瞬でライヴハウスと化してしまった。

Yasuが「実は僕、小禄高校を受験したけど、落ちました」と告白すると、会場から「えー!?」と大反響。「高校を卒業するけど、ここで出会った友達は大切にして下さい。」とエールを送り、その後はグランドピアノ1本で「ラストシーン」「Forever Friends」を披露。

最後は生徒全員涙ぐみながらの大合唱で幕を閉じた。卒業生にとってはきっと忘れられない、最高の思い出になったことでしょう。なお、この模様は「D-51 NO MORE RADIO ~三横一村~」で放送予定とのこと。

オフィシャルサイト http://d51.cc/top.html
JFN サイト http://www2.jfn.co.jp/d51/
この記事をツイート

この記事の関連情報