リサハリム、ケータイドラマ「teddy bear」の主題歌に

ツイート
ケータイコミュニティサイト「魔法のiらんど」で自身の楽曲を発表してきたことがきっかけで、2007年にメジャーデビューしたリサハリム。

普段はサーフィンやスノーボードを通じて、ビーチやゲレンデで歌詞を書いている自由気ままな彼女だが、「魔法のiらんど」で出逢った切なすぎるラブストーリーが「teddy bear」。本を読んで涙が止まらなかった彼女が、作品からインスパイアされこの物語の為に新曲を書き下ろしたという。

タイトルは「切ないくらい、愛してた。」。そして、なんとこの曲が、魔法のiらんどのケータイドラマ「teddy bear」の主題歌に決定したのだ。

ケータイで主題歌? “ケータイドラマ”…?

「切ないくらい、愛してた。」
2008年4月16日
PCCA-02667
¥1,260
昨年、大ヒットを記録した映画「恋空」を生み出し、ケータイ小説を筆頭に一大ブームを巻き起こした 魔法のiらんどが仕掛ける次なる展開が“ケータイドラマ”なのです。文字通り携帯からドラマが見れちゃうもので、4月から配信が予定されている。

第一弾作品は700万人を超える読者が涙を流し、書籍もシリーズ58万部という大ヒットを記録、今春、文庫化もされる「teddy bear」。主演は、SEVENTEENの専属モデルで女優としても活躍中の桐谷美玲。相手役に若手注目株のイケメン賀来賢人。そして、主題歌がリサハリムの「切ないくらい、愛してた。」というワケ。

この新曲「切ないくらい、愛してた。」のCD発売は4月16日に決定。これはチェック必須です。
この記事をツイート

この記事の関連情報